どのような脱毛法が良いか

現在彼女が使用されている脱毛器は、毛を抜くためのものです。
効果としては毛抜きで毛を抜くのと同じなので、またすぐに生えてきてしまいます。

自己処理の方法として、剃る抜くというのは多くの人が行っているのですが、
毛を抜くということいは実はお肌に大きな負担がかかります。

毛を抜くことで毛穴が開き、汚いお肌になってしまいます。
そこから雑菌が混入してしまえば可能してしまうこともあります。

そして継続して使用することで最終的には埋もれ毛や黒ずみになってしまいます。

黒ゴマ状態とは黒ずみになっていたり、埋もれ毛の可能性があります。
こうなってしまうと自然に治るのには期間を要します。

脱毛器の使用は確実にお肌を傷めているので、継続して使うにはお薦めできません。


そして現在検討されているノーノーヘアは家庭用のレーザー脱毛器です。

脱毛は厚生労働省より医療行為と認められています。
それだけ危険を伴う行為ということです。一歩間違えれば火傷になる可能性もあります。

家庭用レーザー脱毛器を扱うのはもちろん素人です。
誰が使っても危険がないように、かなり弱い出力のレーザーしか当てることができません。

レーザーは出ていますが、効果を見込めるほどのパワーはないということです。

脱毛効果に関しては個人差がありますが、
大体の方が効果を感じることなく使用を中止してしまうそうです。

家庭用脱毛器は、当てることのできる範囲も狭いため時間も要します。
定期的に行うので手間もかかります。

満足のできる効果はほとんど得ることができないと思います。

一番の解決策はプロによる脱毛です。
お肌が弱く心配なようでしたら一度、医療機関に相談してみるのが良と思います。

脱毛は美容外科や美容皮膚科で受けることができます。
医療レーザー脱毛はパワーがあるため確実に脱毛することができます。

当てることのできる出力の調節ができるので、
お肌に負担の少ないよう脱毛することができます。

あまりに皮膚が弱くひどい状態の場合にはレーザー脱毛は難しいかもしれませんが、
そうでない場合は出力の調整を行うことでほとんどは脱毛可能だと思います。

今はとにかくお肌に負担のかかる自己処理は避け、
一度医療機関に相談してみるのが良いと思います。

カテゴリー: その他 パーマリンク